購入とリースの違い

コピー機を導入するための方法には購入をするのと、リースをするのと2つの方法が存在しています。どちらの方がお得なのか気になる方は多いでしょう。

スーツの男性まずリースの場合は所有権はシース会社にあります。契約できるのは法人だけです。利用期間は通常は5年から7年となっています。中途解約をすることは不可能です。商品は新品のみ選ぶことができます。初期費用がかからないというメリットがあります。ただし、固定資産にはなりません。経費処理をすることができるのですが、減価償却をすることは不可能です。

一方、コピー機を購入する場合には所有権は自分になります。契約者は個人と法人のどちらでも可能です。利用期間には制限がなくて、中途解約もありません。商品は新品と中古から選ぶことができるでしょう。ただし、初期費用がかかってしまいます。固定資産にはなります。経費処理することはできなくて、減価償却をすることは可能です。

コピー機の購入とリースにはこのような違いがあるのです。それぞれにメリットとデメリットがあり、状況によってどちらの方がお得なのかは違います。そのため、よく検討してみてください。長期的に利用する予定があるならばリースの方がお得であり、キャッシュを使いたい場合には購入の方が良いでしょう。