業者の選び方

コピー機は販売業者から購入することになります。そのため、販売業者選びは重要です。良い販売業者を選ぶことができれば、質の高いコピー機を入手することができるでしょう。

まず料金について注目してみましょう。見積りをもらったときには、本体料金だけではなくて、必ず保守料金についてもチェックしてください。こちらを提示していない業者には気をつけましょう。結局、保守契約の料金も必要となり、見積りよりも高い金額がかかってしまうこともあるからです。

メンテナンスアフターサービスにも注目しましょう。どんなに質の高いコピー機を導入できたとしても、故障してしまう可能性は常に存在しているのです。トラブルが発生したときにはアフターサービスで対応してもらうことになります。そんなときに業者となかなか連絡がつながらないというケースもあります。メンテナンスへの対応も確認しましょう。メーカーから技術員を派遣してもらったり、あるいは販売業者の方で専門のスタッフを派遣してくれることもあります。

販売実績についても確認しましょう。これまでに数多くの顧客に対してコピー機を提供してきた実績のある業者であれば、質の高いサービスを提供してくれるでしょう。そのような業者は信頼できます。

購入とリースの違い

コピー機を導入するための方法には購入をするのと、リースをするのと2つの方法が存在しています。どちらの方がお得なのか気になる方は多いでしょう。

スーツの男性まずリースの場合は所有権はシース会社にあります。契約できるのは法人だけです。利用期間は通常は5年から7年となっています。中途解約をすることは不可能です。商品は新品のみ選ぶことができます。初期費用がかからないというメリットがあります。ただし、固定資産にはなりません。経費処理をすることができるのですが、減価償却をすることは不可能です。

一方、コピー機を購入する場合には所有権は自分になります。契約者は個人と法人のどちらでも可能です。利用期間には制限がなくて、中途解約もありません。商品は新品と中古から選ぶことができるでしょう。ただし、初期費用がかかってしまいます。固定資産にはなります。経費処理することはできなくて、減価償却をすることは可能です。

コピー機の購入とリースにはこのような違いがあるのです。それぞれにメリットとデメリットがあり、状況によってどちらの方がお得なのかは違います。そのため、よく検討してみてください。長期的に利用する予定があるならばリースの方がお得であり、キャッシュを使いたい場合には購入の方が良いでしょう。

コピー機の導入

コピー機今でもオフィスにおいて活躍しているものがコピー機です。コピー機はどんなオフィスにもあるものです。さまざまな場面で利用します。最近は電子データ化が進んでおり、パソコンやスマホなどを用いる機会が増えているのですが、それでも紙の書類を使う機会もあります。契約の書類は今でも紙であることがほとんどでしょう。その場合はコピーをする機会があります。また、資料を作成してそれをコピーして配布するということも頻繁に行われています。また、コピー以外にもコピー機にはさまざまな機能があるため、それらは仕事で活用することもできるでしょう。

このように便利なコピー機なのですが、オフィスに導入する際に悩んでしまうケースは多いでしょう。コピー機にもいろいろな製品が存在しています。それぞれ価格や機能が異なっています。さまざまなメーカーがコピー機を提供しているのです。また、コピー機を導入するための方法も複数存在しています。たとえば購入するだけではなくて、リースという方法もあるのです。どちらの方が会社にとってお得なのか悩んでしまう方も多いでしょう。

こちらではそんなコピー機の導入に関するポイントをまとめました。どのような点に気をつけておけば、トラブルを避けてコピー機を導入することができるのか、分かりやすく教えましょう。コピー機で失敗してしまうと影響は大きいでしょう。損をしないで、質の高いコピー機をオフィスに導入するためのコツを説明しましょう。